BtoB受注もWEB化

面倒な卸取引注文処理、卸先ごとの掛け率計算…
「BtoB-ECカート楽楽B2B®」ですべて解決します。

\マンガで知る 楽楽B2B/

卸取引にこんな課題、ありませんか?

コスメ企業100社への「卸取引に関する課題」ヒアリング結果

楽楽B2Bのお取引があるコスメ企業様に独自にアンケートを取ったところ、「コスメならではの卸取引の掛け率管理が面倒」「会社ごとに販路を管理したい」「受注業務の効率化を図りたい」などのお声を多く聞きました。卸取引の受発注システム楽楽B2Bでは、これら化粧品業界の卸取引・受発注業務のお悩みを解決することができます。

楽楽B2B®で何ができるか?

我々からのご提案・改善ポイント

楽楽B2Bでは、取引先毎に掛け率・価格を設定できます。「差し値(指定金額)」「掛け率」での設定に加え、「ロット単位での割り引きを加味した設定」にも対応しています。また、取引先毎の取り扱い商品で「この商品はA社の取り扱い、B社は取り扱いNG」のような複雑な設定や、ネット通販のように商品を全部並べたくないという御要望にも、全てお答えできます。取引先ごとにサイトで表示する商品を変えられます。また、情報自体を非表示にする「クローズドサイト」、カタログ販売のような或る程度情報を公開できる「セミクローズドサイト」にも対応しています。

BtoBECの導入事例

年商数千万円規模から、数百億円規模まで、多数の導入事例があります。

株式会社ジェイメック様

月間1,800件のFAXの受注登録、1日7hの受注対応業務が、
受発注業務のWEB化で迅速・最適化で業務効率化に成功しました。

楽楽B2Bを導入するまでは、月間1800件の受注がお客様からFAXで来ていたんです。FAXでの注文を業務担当が手入力、物流まで指示を出していました。
件数も結構多くFAXも読み取りしにくい。また受注確認でFAXが届いた、届かない、の確認だけでも業務コストが嵩んでいました。今現在は属人的でこなせても、これが5年後、10年後の長い目で見てみると、オンラインの受注システム(BtoB EC)が必要になってくることを見越して、早々に導入を決定しました。
導入の決め手はクラウド型(ASP)である事と、既に利用している基幹システムとの連携ができ、外部でバックアップができることでした。

株式会社ジェイメック
コンシューマー事業課 課長
髙木 真知子 様

『楽楽B2B』を導入してからは、データベースの情報を参照することでお客様の状況がすぐに確認でき、作業コストを大幅に減らして基幹システムに流せるようになりました。
まず試験的に約10件のクライアント様の利用から始めました。そこからお客様へ会報誌で案内をした際に、一気に50~60件の導入に至りました。
今後も注文はWEBに切り替えて下さるお客様が増える見込みが大きいです。また、お客様自身も注文内容を確認できるので、ありがたいというお声をいただいています。


株式会社ヘッドスプリング様

新事業展開に向けた導入でしたが、
作業コストを下げつつ、業務スピードを向上させることができ、
効率的に事業を進めることができるようになりました。

当社では新事業として、卸取引の拡大を考えていました。しかし、人的リソースやコストを大掛かりに割くことができない事と並行して、できるだけ早く事業として稼働・運営していく必要がありました。
そんな中、楽楽B2Bを知りました。BtoB ECは導入も早くクラウド管理なので当社の課題にはフィットしていましたが、同時に2社のBtoB ECのソリューションサービスを検討していました。実際にデモ画面を使ってみて、楽楽B2Bは他のBtoB ECシステムと比較しても使い勝手が勝っていました。
また、FAX受注時の注文書を楽楽B2Bのシステム内に反映させる機能、AI‐OCR『注文書自動読込み機能』が従量課金で、導入コストも抑えることができる点が大きな決め手になりました。

株式会社ヘッドスプリング
ONE&O事業部 部長
関根 智彦 様

当社では、企業間の卸取引にBtoB ECシステム「楽楽B2B」を、さらにユーザー(消費者)とのタッチポイントの構築に同社の『楽楽BBC』というBtoBtoCビジネス用のECシステムを利用して展開しています。
また、掛け率の設定を詳細に行えた点も大きいです。異なる取引先ごとに掛け率と価格を設定できること、商品別に掛け率を設定できる点。当社もBtoB取引のパターンがかなり多岐に渡るので、この機能には助けられています。
決済手段の設定についても、 既存の取引先、新規の取引先で、決済手段を切り替えています。新規の取引先には、先払いの決済設定で信用を構築できる点は外せないですよね。
導入時には、煩雑になる注文書の整理について、自社内でのスキームもまとまっていませんでした。 例えば、注文書は電話やFAXで受けるのか?それをどうシステムに反映させればいいのかわかりませんでしたが、受発注取引時のFAX受注に完全対応できる『注文書自動読み込み機能』を利用することで、1人あたりの作業コストを大幅に削減できるようになりました。
当社の場合は、新事業展開に向けた導入でしたが、作業コストを下げつつ、業務スピードを向上させることができ、効率的な事業推進ができるようになりました。おかげさまでスタートアップ事業も形になりました。 当社は美容のプロに特化した商品を開発し、販路の最適化を図りながら、仕入れ商品を増やし、卸事業を拡大していきます。
美容物販を成功に導くための『BtoB ECの仕掛け』が提供できる美容物販のビジネスプラットフォームを運用していきたいと思います。 現在、美容業界において、物販ビジネスの流れが大きく変わろうとしています。 私たちは、そこへ先駆けていくための卸取引用のクラウドサービスとして、楽楽B2Bをより活用していきたいと思っています。


デジタルが当たり前のこれから。
今こそ、BtoB ECと向き合いましょう。

そろそろ、アナログの受発注業務から、BtoB ECカートへステップアップしませんか?

受発注に始まり、出荷・納品・請求・支払いなどの多岐に渡る業務には膨大な作業コストが要求されます。
「…ウチは長年それでやってきたから…」
しかし、これは作業される担当の方の努力の賜物です。
現在は大丈夫でも、数年先はどうでしょうか。また、担当の方に何かがあって動けなくなってしまった時は―?

以前のお買い物と言えば、実店舗(小売店)に買い物に行くことだけでした。
現在はECを利用すれば自宅でショッピングができてしまう時代です。
卸取引もEC化することで、人・場所を選ばずに業務展開が可能です。
デジタルが当たり前の世の中が来ています。
そんな未来を見据えたEDI(電子企業間受発注取引)BtoBカートだからこそ、皆様にお選びいただいています。

株式会社ネットショップ支援室
コンサルタント 三宅 晋平

メディア掲載多数!

多数のメディアに卸販売のオンライン化をテーマに取り上げられています。

SOLUTION

サービス・製品

「取引先に応じて卸価格を変更したい」

楽楽B2Bなら、取引先毎に掛け率・価格を細かく設定できます。「差し値(指定金額)」「掛け率」での設定に加え、「ロット単位での割り引きを加味した設定」にも対応しています。

「取引先ごとに購入できる商品を設定したい」

楽楽B2Bなら、取引先に応じてサイトに表示する商品を設定できます。また、情報自体を非表示にする「クローズドサイト」、カタログ販売のような或る程度情報を公開できる「セミクローズドサイト」にも対応しています。

「取引先に応じて決済方法を変えたい」

楽楽B2Bなら、取引先ごとに決済手段を変更できます。「請求書払い」「銀行振込」「代引き」はもちろん、「クレカ払い」「未回収リスクゼロの掛け払い対応」も可能です!!

当社の場合は? 無料相談(30分のWEB相談会)へ

以下のスケジュールをご参照の上、ご希望の日程をお選びいただき、御社名、お名前など必要項目をご記入の上、送信してください。
WEB相談の日程については、改めて営業担当からご連絡いたします。

無料相談(30分のWEB会議)の日程を調整

株式会社ネットショップ支援室
コンサルタント 三宅 晋平
 

\ ツールとの連携についてもお気軽にご相談ください /