BtoB受発注をWEB化するクラウドサービス「楽楽B2B」買い手企業数150,000社突破

株式会社ネットショップ支援室の提供するBtoB受発注をWEB化するクラウドサービス「楽楽B2B」が、1月22日に買い手企業数150,000社を突破しました。

「楽楽B2B」とは

BtoB受発注をWEB化するクラウドサービス

働き方改革やDXが求められ、顧客の購買チャネルも変化する昨今において、企業間取引のオンライン化のニーズが高まっています。
「楽楽B2B」を通して、”企業間取引のDXに課題があり業務効率化を実現したい” あるいは ”営業DXに課題があり既存の売り上げを底上げしたい” といった経営課題を解決しています。

買い手企業数150,000社突破の背景

中小企業の導入件数が伸長

経済産業省の市場調査によると、BtoB-EC市場規模は増加傾向にあり、令和4年時点で日本国内のBtoB-EC市場規模は420.2兆円(前年比12.8%増)に拡大しました。また、自社で行ったアンケート調査では、1年以内にBtoB取引用のECサイトを構築・運用予定と回答した企業数が約37%とシステムの導入を考える企業も増加しています。
そういったBtoB-ECが注目されるなかで「楽楽B2B」は、中小企業の卸取引のニーズに合った機能実装や安定したサービスの提供を行った結果、中小企業様の導入件数が増加しています。

インボイス対応や小数点2桁までの単価設定など、中小企業に必要な機能をアップデート

楽楽B2Bは顧客からの要望を受け、商品の単価設定時に小数点2桁まで対応したため、小数点の価格設定が必須である企業もシステムの導入が可能になりました。これにより、より多くの中小企業の受発注業務の効率化や売上のアップに貢献できるようになりました。
また、ビジネスにおいて不可欠なインボイス制度にも早期に対応したため、多くの中小企業様に選ばれています。
楽楽B2Bはお客様のご希望を吸い上げ、より円滑な企業間取引を実現するためにアップデートを続けています。

充実したBtoB取引専用機能で業務を効率化

「楽楽B2B」は、取引先毎に「指値」や「掛け率」などの価格設定も可能な上に、販路・決済方法や表示する商品も細かく設定することが出来るので、面倒なアナログ作業や処理ミスが削減され、業務がよりスピーディーになります。

今後の展望

今後もさらに機能をアップデートしていくと共に、機能を活用頂けるようサポートの体制もより強化してまいります。

楽楽B2Bについて

法人向けのBtoB-ECカートシステムです。FAXや電話での注文をWEBに切り替えて企業間取引の無駄を無くし、さらにECによる売上向上を実現します。

詳細・お問い合わせ